イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター 特定非営利活動法人光希屋(家) ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Monday, August 4, 2014

赤い羽根の結果

7月16日(木)赤い羽根共同募金の応募事業のプレゼンに行ってきました。
8月4日(月)審査結果が届けてきました、「不採択」となりました。(;_;)
結果としては残念でしたが、頑張れるところは頑張ったので、
結果を受け止め、皆さんとこの経験を共有したいと考えています。

失敗も大事!失敗と向き合って、問題を片付けて、また次のチャンスに挑戦!

皆、また一緒に頑張ろう!!!(^^)

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

気持ちを整理したい、今回の経験を話して見たい。

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿
①事業応募のきっかけは

 「ふらっとカフェ」自立体験場の設立のためです。

「ふらっと」の店の前身は畳の工場でした。
カフェを作るため、水回りが必要です。
助成金を頑張って探してみました。

今年赤い羽根共同募金のテーマは「地域から孤立をなくそう~」
光希屋(家)のテーマとピッタリと思って、
スタッフたちと頑張って申請してみました。

②応募事業の流れ
応募書類を提出 → 第1次審査 → プレゼント → 第2次審査 → 結果発表

第1次審査は、ある日に、審査員が突然にふらっとに尋ねてきました。
ビックリしましたが、
ありのままを見てもらって、
良かったと思います。

プレゼントは「なかいち」に行った。
セッティングは
社会人になれ切れない私にとっては
少し堅苦しいとかんじた。

審査員が9人もいました。緊張した。

同席で発表した人たちには社協の代表もいた、
みんな経験が豊富、
堂々で活動のニーズを訴えました。
私も緊張しながら、
応援しに来てくれた仲間達の顔を見て、
頑張って「ふらっと」の理念や活動を話しました。

(感想)気がついたら、
同席の応募団体は皆さんも
ひきこもりを支援する,
居場所を作るのを関心があったような活動でした。
ひきこもりを支援する団体が増えていることに関しては嬉しかった。
皆さんの支援団体は具体的に何をしているかなあ?
お互い勉強させる機会があれば良いなあと思いました。
発表を終わったらぜひ交流したいなあと思いましたが、
時間が限られていたか、
その場はそういう交流場ではなかったか、
交流は出来なかったですね。ちょっと残念でした。(><)



③光希屋(家)に向けた質問でしたが、
主に以下二つ肝心なポイントでした。
「ひきこもりの利用者はどう集まる、どうやってふらっとに連れていて、どうやって利用を続ける?」
「ふらっとは研究の目的としてやっているか?」


私は研究者として、
今の仲間達と知り合って、
一緒に光希屋(家)立ち上がったところですので、
二つのポイントは一緒に答えても良い気がしますね。(^^)

まず、

利用者の集まる方法

支援の現場では、ひきこもり・不登校の定義や支援の仕方やそれぞれ違いますね。
「ふらっと」の利用者は当事者からのアプローチが多いですね。
今までは、
メールや、
ネットと、
口コミなど、
集まってきたと思いますね。

誰か無理あり連れてきたより、
本人が自分で足を運びしたが多いと感じます。
ふらっとで「ふらっと」に来て、
見学でも言えるし、簡単な面談を行い、
他の利用者たちと顔を合わせて、
安心感が出来たら、利用し続けるのが多いですね。
スタッフは皆当事者なので、
安心感もしやすいかも知れないですね。


研究か・・・・・・

「ふらっと」は研究者の立場から始めた活動も言えますね。

「ふらっと」の副店長たちは
私が主催した勉強会の参加者でした。

今の活動やプログラムは
研究や実習を通して
自分なりに理論が生み出して、
現場に実践することもありますね。

学術の研究では、
ひきこもりの定義は曖昧しすぎで、
研究は難しいですね。
でも、根拠がない支援仕方も良くないと思います。

ひきこもりに限られず、多くの医療現場や施設など、
良い治療やプログラムを提供できるために、
やっぱり多くの利用者達の気持ちを理解し、
病気の事情を把握し、
治療の効果を調べし、
つまり、研究と現場を結びことですね。

「ふらっと」は研究と現場を結びつき事が出来るのを望んでいます。

現実では、精神的の自立と経済的の自立は
お互いに影響していますからね。
カフェが出来ると、
自分の居場所を作りながら、仕事の場も出来ると良いなと思います。

その夢を叶えるまで資金の確保が必要です。
その資金は自らの力と
周りの支援が
大事になっていますね。




今回は、不採択のは助成の優先度としての結果らしい。
「ふらっとカフェ」は五年計画の目標を設定していたから、緊迫性を失ったかなあ?などなど、想像を止まらない。

正直に、助成事業に落とされて、落ち込みました。(´・д・`)
一瞬、申請してなかったら良かったかもと思いました。

でも、
今回は仲間達と一緒に資料を作成も出来ましたし、
仲間達と一緒にプレゼントに参加することも出来ましたし、
仲間意識を強めたと思います。
また、
プレゼントを通して光希屋(家)の概念を訴えましたし、
インパクトがありましたと思います。
それで、良かったと思います。(^^)

採択された団体をこころから応援します。
ひきこもり支援をこれからもたくさん増えて欲しいし、横のつながりをうまく機能すれば良いと思います。




また頑張ります!
光希屋(家)を長く続けるように、
これからは行政や町も業者も光希屋(家)の事業に巻き込むべきと思います。

みんな一緒にいるから、頑張れる!

いつも応援してくれてありがとうございます!(^^)




赤い羽根共同募金

「地域から孤立をなくそう~みんなが社会の一員として包み支え合うしくみづくり~」
〈広域的・先駆的な地域福祉活動への助成〉
 ●高齢者の地域生活を支えるための活動
 ●障害者の社会参加及び地域生活を支えるための活動
 ●子どもの生活と子育てを支援するための活動
 ●その他地域の福祉課題を解決するための活動
   (H24~25重点テーマ「災害時地域みんなで助かるための活動」を含む)
 ●秋田県全体の地域福祉を推進するための活動






No comments:

Blog Archive