イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。



ふらっとの行事

ふらっとはありのままに自然体を望んでいます。1人でひきこもっていて退屈と感じた方、少しでも人とつながってい見たい方、ひきこもりの状況に縛れたと感じた方はぜひふらっとに一度遊びに来てみてくださいね。月曜日は大人のスタッフ、それ以外はピアスタッフが対応しています。

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(料理、編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 35カフェの日、勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)


※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター / 特定非営利活動法人光希屋(家) / ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Thursday, November 1, 2018

広報だいせん だいせん日和10月号に掲載されました!


報告遅くなってすみません~(^^)ふらっとのことを簡潔にまとめてくれました。大仙市の広報担当に感謝です。今後もよろしくお願いします。

Tuesday, October 30, 2018

秋田市での親の勉強会第1回

秋田市で親の勉強会のお知らせです。

初回は少し堅苦しかもしれませんですが、
ひきこもりについて、
行政や支援側の考え、
本人の考え、親の考え、
また心理学の視点、精神看護学の視点、社会福祉の視点
様々で、介入の切口も違うと思います。
なお、行政の支援は、厚生労働省や内閣府の定義に従って対策を考えていると思います。親の勉強会の導入として、 第1回は一緒にひきこもりの定義の勉強会をしませんか?

参加者は8人まで。親限定。

時間は
11月14日(水)、午後1時~4時。
秋田大学大学院医学系研究科公衆衛生学講座 セミナー室

勉強会のテキストは
厚労省や内閣府の引きこもり支援ガイドラインの定義
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12000000-Shakaiengokyoku-Shakai/0000147789.pdf

形式:
1.導入:ひきこもりの様々な定義 (ロザリン)(30分)
2.ひきこもりの定義を学び:テキスト読み (30分)
3.ワークショップ:定義に関しての討論、この定義は自分には当てはまるところと当てはまらないところ。子供のことはどうとらえるべきか?自分が求めている支援は、ひきこもりの支援ですか?または精神保健の支援?福祉の支援?就職・所属の支援?悩みの共有。(90分)
4.まとめ (30分)

もし興味があれば、気楽に声をかけてくださいね。

Friday, October 19, 2018

日韓交流活動メモ

教室の活動と居場所の活動の組み合わせで、韓国の先生を迎え、自殺予防に関する地域取り組み意見交流会を主催しました。3月の若者支援大会と同じく、行政・NPO・学者を同じの課題を囲んで話を盛り上がった。


次の日は蜘蛛の糸の事務所に行って、佐藤久男さんといろいろ話しました。
また次の日も、大仙市に、びおらとふらっとに取材に行きました。

行政でのひきこもり支援の歴史やびおらの理想、アウトリーチの大切さを議論

びおらで90分。
ふらっとの交流活動


ふらっとで90分。

Myungさんは、ふらっとの解放している雰囲気に驚いたようでした。当事者と交流することをたぶん想定していなかったため、何の質問をすれば良いか。いつも単刀直入質問をするMyungさんは、1時間を経ってからやっと本題に入れた~

(2018.10.13 Myungからのメール)
Dear Roseline, 
We had really good time in Japan and we arrived yesterday well. 
Everything was good in Japan and thank you for arranging valuable experiences for me. 
Thanks to those, hikikomori people, who were just like others when they were in the centre. 
It is big relief as they can manage there life a lot better as you and others are there.  
It looks great experiment and great concept and I hope this model can spread to many other places. 

Myungさんも通訳者も、他の見学者と同じく、いままでひきこもりに対するイメージ像が「ひきこもり」の状態にいるイメージかなあ?暗い、誰とも話さない、心を開かない。確かに、ひきこもりはそういう状態にいることですね。

ただ、「ひきこもり」はその人そのとき心の意識や状態、その人の全てではない、特徴でもない。それはあたりまえのことですが、いつの間に本人や周りの人たちも忘れてしまった。「ひきこもり」は「アイデンティティ」になってしまった。


ふらっとが教えてくれる面白いことは、世間と反すること。

「ひきこもり」は「アイデンティティ」でもあり、「アイデンティティ」でもないこと。

居場所にいれば、「ひきこもり」って一般の人と何も違いがないこと。

いいえ、本当のことは、
自分の事を認めてあれば、「ひきこもり」はその瞬間になくなることだ。


Myung先生が3時20分ふらっとから出て新幹線にのり、私たちは残って、5時まで会話を続いた。初めて会ったみーちゃん、居場所を求めてともみさん、英語会話を練習出来た嬉しくてずっとにこにこしていた岸くん、登校拒否時代の話ができたあこ、最近の作曲を披露したJ、二十歳のごろを思い出したM、まじめな話ばかり、疲れもあり・楽しさもあり、岸君の言葉を借りて、「たまにこういう日もあって良かったと思いますね。」

そうそう、ふらっとはこういう感じなものだ。
地域の取り組みって、地域の力で、人の心を癒やすこと。生きやすい地域であれば、人間は生きたいと思う。元気に生きたいと思う。私はそう信じています。


35カフェメモ - パンディー



修練を含めて、イベント気分で、10月13日(土)のカフェランチセットはパンディーにしました。12種類のパンから2つを選ぶ、mushroomスップと野菜サラダにセットで、ランチを提供した。そんなにたくさん種類のパンを一気に作るのは初めてかもしれませんですね。┌┤´д`├┐ダル~ 疲れたが、楽しかった!ο(*´˘`*)ο


作るとおもてなしに集中して、写真撮るのはほとんど余裕が無かった。
食事の途中で、「写真を撮らなきゃ」と思い出した~
!Σ(×_×;)! こういう写真になりました (廿_廿) 


意外なフィードバックですが、「クリームスップを食べるのは初めてでした!」と言ってくれたお客さんはほとんどでした。チーズ・ジャガイモ・タマネギ・いろんな種類のキノコをベースにしたクリームスップ、気分により、ベーコンやウイナーを入れて、上にはにんじんの葉やセロリやバジルを飾りして、美味しい・上品・ヘルシー、私は好きです。


メモ1

料理メモ
ジャガイモ ー マッシューポテトに
タマネギ - 擂りに
キノコ - 刻む
(にんじん ー お好み 刻む)
チーズ ー shredded

弱火で、ベーコン・ウイナーを炒め。次は、キノコを炒める。次は、タマネギ。次は、ジャガイモ、チーズ、牛乳いり。



メモ2

パンメモ
フランスパン生地に関して、好きなお客さんと苦手なお客さんは2分類。
3日間においても、パンはそのまま美味しかった。
パンをあたためる場合、1コはレンジで10秒。お湯一緒に入れる方が良いかなあ?
ディナーロールは半分に切って、トースターで2分焼くのが一番美味しく感じた。

10月15日(月) パステルアート

パステルアート主催者の体験談

10月15日(月)
13:00~
参加者2名

ふらっとでのパステル和(NAGOMI)アート体験2回目
前回は緊張と不安の中でのスタートでしたが今回は「何とかなるさ」とゆったりした気持ちでスタート出来ました。

今回はそれぞれ「秋」をテーマにした作品を描いて貰いました。
(秋の山と月見兎)
お手本を真似て描いてもOK
自分の好きな色を使って描いてもOK
失敗してもOK
描き方の手順とポイントを分かりやすく伝えられていたかな?…と毎回の反省点ですが、
「楽しかった」
「ありがとう」
そう言って貰えた事が何よりも嬉しいことでした。

「食わず嫌いだったんだけどやってみると楽しかった」
「あっという間に出来るんだね」
パステル和(NAGOMI)アートの誰でも簡単に絵を描く楽しさが伝えられたと感じられました。

集中して描いた後のほっと一息
お抹茶でゆったりとした時間が過ごせた事もとても良かったと思いました。


Sunday, September 30, 2018

35カフェの振り返りメモ~2018.9.29

35カフェ24週目~✿振り返りメモ✿~


今日は良かったこと

  • 今日のランチやコーヒーセットも1人の作品より、皆さんのコラボレーションで提供できたので、良かったな。
  • 皆それぞれ休憩時間を取れて、よかった。
  • スープがあることで、高価に見えるので、とてもうれしかった。
  • お客様から持ち込んでくれた雑誌「andnow」嬉しいかった。
  • 県南の情報が入っているので、話のネタにもなれる、写真が一杯で、見やすさも良い。
  • 休むことができて、良かった。
  • お客さんの距離感も良くなっていたので、
  • それは良かったなと思いました。
  • ある時間にお客さんが結構入ってて、ちょっと混乱して、忙しかったんですが、それでも対応できたと思いましたな。
  • お客さんの活気で回らないと感じなかった。
  • お客さんの注文にちょっとミスがありましたんですが、それでもいい雰囲気で、嬉しかった。


改善点

  • 物の居場所はどこにいる方がいいか、わかりやすさを考えていくべきですね。
  • あとの片付ける
  • トレーと食事の出し方
  • 会計時の柔軟性
  • お客様のランチの注文を伝えるのを忘れてしまった
  • お客さんからの注文に柔軟的に対応
  • お客さんのタイミングがあることを気づいた、これからの注文は色んなパタンがあることも考える。
  • コーヒーの淹れ方をもう少し練習が必要
  • お客さんとに話をかける方法・タイミング。まず一言をかける感じもいいかなあ。
  • 店を開ける前に入ってきたお客さんに水を出す。



お互いの良いところ 

  • 今までその人(お客さん)のtempoにあわせなきゃ、いまは自分は自分のtempoで人と接することができる感じました。今日話してみて、少し「ふらっとのペースに巻き込む」のことをできたなあと思いました。前に進めているな、すこし自分がよかったなあと思いました。
  • 休憩の時間も適度の時間を取れて、最初から最後まで同じような感じ、安定している感じがする。今日はずっと仕事をしている感じだなあ。仕事となじんでいる感じですね、自分も居心地が良い時間があったんだなあ、その印象がありました。自信もついた感じ。Mは自分は気づいていないかもしれませんですけれども、案外他の人が見ているです。つけだす、東京の旅でRと経験されて、二人が仲良くなったなあ~
  • Mは職人の弟子入りにピッタリです。

  • 今日は眠くて、職人感覚で、無口で、仕事を集中して、結果的に片付けできたし、料理の仕込みもできたし、パソコン作業もできたし。職人でよかった。
  • 今日は職人気質のことがあって、今日は職人の日だなあ、ちょっとチクチクしていたんですが、ちゃんとカットバンを貼ったら治り程度だなあ、そういう日もそうなんだなあ。かえて楽しいんだなあ、気がします。皆さんと話したり、すっと入っていて姿見ると羨ましいなあ。良かったことは、職人気質とすっと話すことなあ。
  • 東京から帰ってきて、仕事も立て込んでるときにおとといからいて、今日の朝の段階で眠いと言ってて、そういう感じ中に始まって、その中でもテキパキしてて、いつのもののRの感じですが。Rは感覚で作業する、焼きそばを作るときも、それでお客さん自身で美味しいと思いますので、そこはRが自信が持っているなと感じました。全体を見つつ、その人その場も見て動く、人との関係性に基づいて料理を出す感じかなあ。
  • お客さんの好みに合わせて味の手加減が好きです!世界一番美味しい料理を作っている意識しながら、相手にその一瞬幸せなひとときを届ける気持ちを込めて。

  • 自分は隠れてこっそり見たことを自分で嬉しかった。お客さんがコーヒーを飲んでくるときに「美味しい・美味しい」とつぶやいた、それは良かったなあ、うれしかった。
  • いつもミーティングで、すごく人を見ていらっしゃるんだなあ。お客さんの反応やこころの状況をみていたんだなあ、自分は接するときにどうやって接するか自分がわからない、このままでいいんだろうか?考えて、考えて、お客様も帰ってしまった。そのパタンが多いです。ミーティングで振り替えてみるときに、いつもヒントを教えていただけような、学ぶことはとても多いです。とても助かれくれたんです。次、お客さんが来るとき接するヒントになることが多く。とてもありがたいことです。JとRのコーヒーの話を見ているも、人と接するや仕事と接することを、それはいいなあといつも思います。
  • Jはカフェスタッフの感覚もなじんできて、そしてピアスタッフの役割を果たした感じがします。



提案

  • その日を始まる前に、5分ぐらい自分の体調を話す・シェアする時間があれば良いなあ。
  • 体調表を作ってみるー挑戦1。
  • 「改善点・反省点」より「さらに良くするところ」に意識する。









Monday, September 10, 2018

大人の日にパステルアート

月曜日は大人の日。

雰囲気はこういう感じです~ (^^)


話し合い・お茶会

そして、今月から月一回で
パステルアートコーナーを始まった。

毎月第二の月曜日。

パステルアートで楽しみを見つけた
トモミさんが提供してくれます。


苦手と思うかもしれませんですが、
以外に簡単にできちゃいますよ♡

よかったら、気楽に声をかけてみてね~


パステルアート主催者からの体験報告

2018年9月10日(月)
13:30頃~
参加者:5名



「絵はちょっと苦手…」と遠慮がちな雰囲気からのスタート
初めての事での緊張と不安でドキドキしていましたが
最初にロザリンさんとキシ君が体験してくれた事で緊張も解れ、パステル和アートの描き方を楽しみながら伝える事ができました。

ロザリンさんとキシ君の描いている様子や完成した作品を見て
「良いね」
「素敵だね」
「じゃあ私もやってみようか」と参加してくれる人も増え
最初は絵を描くことに苦手意識を持っていた方も
「こんな描き方もあるんだね」と楽しんで描いてくれました。

描き方の伝え方が分かりづらかったかもしれない等反省する事もありましたが、
完成した作品を互いに見せ合いながら楽しそうに話をしていた参加者の皆さんの様子に私自身も嬉しく楽しい気持ちになる事ができました。

失敗しても大丈夫
その人らしさが良い味になる
皆違って皆良い
そんな事を伝えられるパステル和アート体験を続けてきたいと思います。

Blog Archive