イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。



ふらっとの行事

ふらっとはありのままに自然体を望んでいます。1人でひきこもっていて退屈と感じた方、少しでも人とつながってい見たい方、ひきこもりの状況に縛れたと感じた方はぜひふらっとに一度遊びに来てみてくださいね。月曜日は大人のスタッフ、それ以外はピアスタッフが対応しています。

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(料理、編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 35カフェの日、勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)


※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター / 特定非営利活動法人光希屋(家) / ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Thursday, October 8, 2015

アメリカ手話(ASL)で国際交流しませんか?

イベント  : 国際フェスティバルin大仙
場所    :  イオンモール大曲花火広場
時間    :   1017日(土) 13:00  16:30
ASLの紹介  : 13:05-13:20 (15分)

プログラム: 
1手話で国際交流の意義を説明。
2手話の歌。Amazing Grace (Amy Grant), I Can Only Imagine (Mercy Me)

担当: 店長R

アメリカ手話(ASL)を紹介する切っ掛け

私は手話はある意味言葉より気持ちを伝えやすいと感じています。

マレーシアの聴覚障害を持っている人はあまり健聴者と関わらないイメージがありました。
世間体の関係かも知れませんですが、生活パタンの違いで、
聴覚障害者と健聴者の文化は大きな違いが存在しているような気がします。
周りに理解してくれる人が少ないほど、ひきこもりしやすいですね。

聴覚障害を抱えている友達と食事するとき、いつも外国の文化や言葉など聞かれました。
マレーシアにいるとき、日本の手話や文化を教えたりして、
日本にいるとき、マレーシアの手話や文化を教えたりします。

東京で、アメリカ手話(ASL)をマスターして外国に留学してきた友達もいます。
いまはケースワーカーとして働いています。

世界共通の手話はないですが、
英語をしゃべれば、外国に行ける感覚と同じく、
ASLを使えば、外国に行けると思いますね。
聴覚障害を持っているから、留学や旅の夢を諦める必要はないですね。

私は専門的な手話通訳者ではないですが、普段の会話ぐらい出来ます。
楽しく英語の手話を覚えたら、これからの人生にも役に立つではないでしょうか。

そういうわけで、今回の国際フェスティバルin大仙のイベントで、
英語手話を紹介したい。

興味があったら、ぜひ足をお運びして下さい。




No comments:

Blog Archive