イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

大仙市子供・若者総合相談センター 特定非営利活動法人光希屋(家) ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Wednesday, May 13, 2015

ひきこもりって、なに?

ふらっとはGW後月~木連休を取っていますが、
書類の作成やデータ整理などいろいろがありますね= (^^;)

ひきこもり関する調査のデータを見ると
いろいろひきこもりについての課題を改めて考えますね。

ひきこもりとは社会参加していない人を指していますが、
社会参加の定義はものすごい難しいですね。
精神障害の診断が付いていないですけれども、
地域によって、家族によって、本人によって、診断されていない場合もありますね。
さらに、精神障害の定義や診断基準など最も難しいですね。
専門により、地域により、先生により、同じのケースを見ても違うの診断名がでるのは可能ですね。
社会参加していないですが、人と会うできる。
それでも二つパターン分けていますね。
一つパターンは、誘ったら誰でも遊びに行ける。
一つパターンは、限られている何人しか会えない。

支援の現場では、1人1人に対応して適切な支援方法を考える派基本だと思いますね。
だけど、調査であれば、ひきこもりの対象者は区別付かないと無駄ですね。

ひきこもりって、何?


自分のことはひきこもりと思ってたら、
自分がひきこもり支援をすると思ってたら、
この質問は考えなきゃ行けないと思いますね。


さて、疑問です。

  単純に社会参加しないと問題?
  人と関わらない、それは問題?
  仕事していますが、人とほとんど関わらない、それは大丈夫?

  問題であれば、どこが問題?
  問題であれば、どう解決する?
  解決の方向性はどこに向かっている?

  今の支援は何を支援しているの?
  その問題を解決するに結びついているの?

そして、
  ひきこもりの人
  その家族
  支援者

  それぞれ抱えている悩みは同じの悩み?
  支援に関する同じの結果を目指している?
  その結果は何?
  その結果に至るプロセスは皆の思いを一致している?


3者は別に同じ考えをしないでも良いじゃないですかと思ったら、
実は3者の相互関係はひきこもりの人に大きな影響を与えていますね。

その家族 ⇔ ひきこもりの人 ⇔ 支援者

その家族と支援者が
支援の仕方や本人が回復のプロセスについて落としどころがないと
本人が前に進んでも、迷いですね。



家族に頼きり本人は家に浮かんでいる微妙な空気に非常に敏感ですね。
気づいていない家族もいると思いますが、
いくら嫌な顔をして、話してくれないでも、
自分のことは家族にどう思われるのか
意外にすごい気になっていると思いますね。



また、
支援者の後ろは出資者がいますね。
(支援者はフリースクールやサポートステーと病院またはNPOとすれば、出資者は行政か賛助者ですね。)
そのグループの中でも同じの支援プロセスや結果を求めていますか、
その違いはそもそも大きな課題ですね。(特に支援方針関してはね)
調査は何故か大事というのは、国の政策と行政の支援方針と関わっていますからね。



つまり、
家族であり、支援者であり、ひきこもりの人本人であり、
お互いのニーズ(要求)と供給がずれると支援が成り立たないですね。
3者の考えをきちんと打ち合わせしてから、
お互いの違う部分を理解する気持ちさえあれば、
より効果的な支援できると思いますね。



       

No comments:

Blog Archive