イベントカレンダーをクリックするとイベント詳細情報を表示されます。これから日替わり店長やスタッフ達もだんだん増えてきますので、気楽に遊びに来て下さい。

告知:平成28年11月13日から、ふらっとの専用電話070-5373-2324が休止します。m(_。_)m新しい電話の使用をまだ検討しているところですが、後日に改めて連絡させていただきます。申し訳ございませんですが、しばらくの間ですが、用事や連絡は1coin.furatto@gmail.comのほうにお願いいたしますね。よろしくお願いいたします。

ふらっとの行事

木曜日 音楽の日(ギター、ミュシカールなど) 金曜日 創作の日(編み物、切り絵、折り紙、木工など) 土曜日 勉強会の日(当事者勉強会、カフェ講座、人間関係など) 日曜日 イベント、パティー、遠足など 月曜日 のんびりの日、何もしないは基本(^^)

※必要に応じて時間外の相談が可能です。シャッターが空いてたら、いつもご気楽にどうぞ~。または、メールでもオッケーです。

事務室

特定非営利活動法人光希屋(家)   ロザリン研究室(地域作り・若者メンタルヘルス・精神リハビリ)
連絡先:1coin.furatto@gmail.com

Friday, July 18, 2014

星の王子様勉強会(7月) 感想の1 ✿

714()、王子様が住んでいた惑星B612のことや、バオバブの恐ろしさ、一日44回の夕日を少し覗いた。

発見!

()Wikipedia: B612 (46610 Bésixdouze) は、太陽系小惑星のひとつ。火星木星の間の軌道を公転している。なお“Bésixdouze (Besixdouze)”はB612フランス語での読み下し“bé six douze”から来ていて、発音は「ベシドゥーズ」に近い。199310月15北見市円舘金渡辺和郎が発見した。その後、1986にも観測されていたことがわかった。2003F. エメリーとJ. グリガルの提案により命名された。フランスサン=テグジュペリの小説『星の王子さま』(1943)に登場する、王子の故郷の(架空の)小惑星「B 612」にちなむ。小惑星番号4661016進数で表すとB612になり、フランス語でB(ベ)、6six(シス、次が子音だとシ)、12douze(ドゥーズ)と読む。なお、小惑星の名前に数字は使えず、原則としてスペースも使えない。

火星と木星の間にある王子様の惑星の大きさは、光度から直径約2~5kmと推測されました。(0.20.5町?)

小説の中に、B612はトルコの天分学者は1909に観測された。そのときの発表者は国際天文学会議でマイ服装で発表したらしいです。

だけど、彼の発表は誰にも信じてもらえなかった。

11年後、彼は国際天文学会にヨーロッパ風の服を着て発表したとき、その発見を受けられたそうです。(そこは、畠山さんは、ええ、やっぱり見た目ですね~ と言った。)

作者は、大人というのはそんなものだ、と言った。

そうかなあ?(B612の位置を追究し、発見者と発見地が記載していることを見つけたから嬉しかった私も大人みたいですけどね。)

でも、見た目で決める人は新しい発見を求めるより、外見の一致を求めていることは大人というもの?

事実を見つめての喜ぶより、文書を良く書いているかどうかもっと大事にしているのは、大人だからなんだと言えば、大人になるの悲しいことかも知れません。


続け...



No comments:

Blog Archive